スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記者クラブでプレス発表

3月1日新発売2品(大長レモンとはっさくドレッシング、辛口汁なし坦々麺のたれ)のプレス発表をしました。
くしくも湯崎県知事さんが先日カゴメさんが瀬戸内レモンの飲料を出されるにあたって、広島県とカゴメさんが
包括提携を締結したとテレビで放映されました。今すでにレモン飲料のテレビコマーシャルが流れています。

レモンの生産量は広島県が全国一番で、県下の人も瀬戸田がその中でも有名なのでレモンは瀬戸田産がNO1と思っています。ところが広島ゆたか農協の元の組合長、八重垣さん曰くみかんもレモンも大長(おおちょう)が名実ともに一番なんだそうです。確かに大長みかんは日本1かも、名声はよく聞いたものです。それから、八朔(はっさく)ですが、発祥はやはり広島でこの2つの柑橘をうまくミックスし、県産生赤唐辛子をアクセントに使ったドレッシングを新発売すると説明しました。能書きを言うと(甘、酸、辛、苦、鹹(塩)の五味+渋味がうまく混ざった日本で1つしかない味の優れものです。

もう1品は辛口汁なし坦々麺のたれで、豚ひき肉をフライパンで炒めた後に、やきそばの麺を少々の水を加えてほぐしながら炒め、どんぶりに移して辛口汁なし坦々麺のたれをかけ、刻みねぎをのせれば直ぐできるのです。ポイントは納豆のようによく混ぜる、、、ここが重要 その辛さはR12(12才以下の子どもはご法度)です。その昔、中国の四川省では食の行商がマーボ豆腐と汁なし坦々麺を天秤棒に担いで売るのに、汁があると零れるので汁なしの坦々麺が出来たそうです。

以上が3月1日発売の新製品、そして3月8日わざわざ8日の末広がりを選んで新発売の(( 超限定品))があります。その名は さくらドレッシング  淡いピンク色でソメイヨシノのほのかな香り 味もうなる 超優れ物限定800本、価格も税込み840円 おいしいからもっと造れと言われても花びらの塩蔵が1年間おいそれと造れません。このチャンスを逃さないよう、ネットか通販、もしくは醤の館へお急ぎ下さい。
スポンサーサイト
プロフィール

代表取締役社長 川中 敬三

Author:代表取締役社長 川中 敬三

当社は「すぐれた技術と未来へのすさまじい創造力により健康社会の実現に貢献する」という理念を掲げ、日夜ものづくりに励んでいます。私たちのものづくりの原点は、できるだけ自然なものを用いて、安全でおいしい食品を造ることをモットーにしています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新コメント
川中醤油ソーシャルネットワーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。