FC2ブログ

2020年は福来たるか

令和2年元旦家族で厳島神社へ初詣に出かけました。そんな中昼食に入った店で福来ると
いうことを言われ,年末家内と行ったあるレストランでの写真を思い出しました。
その席はまさにお福席で年末、年始福来るでした。
参拝の後、弥山へ登ろうということになり、ロープーウエィとケーブルカーで登りました。
お陰様で絶好の日和に恵まれ楽しい3が日を過ごせました。

1296.jpg

1295.jpg

同窓会へ出席して

11月22日、23日と安来の西村君のお世話で、松江市玉造温泉において、東農大49年
醸造学科卒同窓会がありました。ここのところ毎年持ち回りで開催しています。

私は平戸の福田君を広島駅まで迎えに行き、車で松江へ行きお昼は松江城のお堀のそばの
そば屋で名物出雲そばを食べ、そのあと二軒の酒造会社を見学しました。
1軒目が李白酒造、2軒目が月山酒造、それぞれ特徴のある仕込みをしておられました。
夕方玉造温泉では名湯につかり松江の地酒でしっかり盛り上がり、安来節も拝見し堪能しました。
翌朝は松江城のお堀を川船で遊覧し、お昼は松江温泉旅館で、松平不昧公肝いりの鯛茶ずけを
ごちそうになり皆の衆大満足、この度は2日間とも天候に恵まれ楽しい同窓会になりました。
来年は京都の津村君が当番幹事で開催予定です。

1258.jpg

1259.jpg

いよいよ待ちに待ったゆずが搾れそう

11月5日快晴の秋晴れの下、川根のゆず組合を尋ねました。今年の作況具合や、
採れたてゆずの生産にかかわるゆずをいつの時点でもぎ取るか等々、相談の為
ですが、所詮自然が相手なのでなかなか大変です。

ゆずの色が、ただ黄色に色づいたからいいだろうといかないのです。緑色から
だんだん黄色に変わってきますが、そこでもがずに 3,4日置いておけば
酸度も出てきて、青臭い香りもほぼ消え、ゆずの香りが一段と際立ってきます。
そこがもぎ時、もいだらすぐ洗浄して、搾汁です。

そこからが四国のゆずや他県のと大きく違うのは、さらにさらには搾ったゆず果汁液を
タンクに入れて、2日オリ引きをすると、上澄みのゆずオイル部分とゆず果汁と底にオリ
(沈殿物)とに分離させます。
その清水ゆず果汁だけでゆずジュースを造るので、四国と比べて濁ってなくすっきりと
しています。その利点をうまく使い切って採れたてゆずぽん酢しょうゆを造ります。

そのゆずぽん酢しょうゆは酸味料無添加、ゆず玉1瓶360ミリへ6個から7個分使った
優れもの、一度食べると他のものといかに違うか誰でもわかると思います。
造り手の私たちとしては、出来のいいゆず果汁が手に入れば楽にいいものが造れます。
果たして今年のものはいかがなものか?
造る楽しみもありますが不安もいっぱいが正直なところです。精一杯 頑張ります。

1069.jpg

1068.jpg

1065.jpg

1067.jpg

1066.jpg

醤の館感謝祭

今年は台風がしょっちゅう飛来してきては大変大きな被害が生じています。
去年は台風でやむなく感謝祭を中止しました。今年はどうにかできホットしました。
地域の人、お得意様、お取引業者様、など大勢の方にご来場賜りありがとうございます。
最近の風潮として、体験型、挑戦型、娯楽型、などが喜ばれるようで、単に商品を安く
販売するとか、お得感を前面に出した感謝祭はあまり興味を示されないようです。

そこで現在取り組んでいるのが、ヘキサゴンと称して付近の異業種が寄りそって
面白い企画をして皆さんで楽しもうという構想です。1社でいくらテントの数を増やしても
所詮そこのお祭りで終わりです。もっと魅力は何が体験でき、何が心を揺さぶり
感動、感激が味わえるかということです、まだまだできていませんが1歩ずつ前へ
進めていければと思っています。




917.jpg

916.jpg

915.jpg

914.jpg

918.jpg

これはなんでしょうか?

今農業にどういう形で参画できるか勉強中です、農業についてかれこれ2年を過ぎて
何ができたのか-と思うと?
振り返ってみて情けないところです。

大きな構想は、瀬戸内食のディズニーランド構想から始まり、6次産業化のお手伝い、
農産物の不ぞろいの商品化、地域活性化の農産物大動脈構想、等々あげれば
きりがないぐらいあるのですが、実現化がむつかしいところです。

よくあきらめなければ、必ずできるといわれますがマラソンでもないし、命には限りが
あります。それでもまた歩き始める自分に、期待や落胆いろいろです。

その中でも一粒の光明が下の写真です、これは卵焼きではありません、風味豊かな
あるものです。
あきらめなければ何かできるのもまたパワーの秘訣かもしれません。

768.jpg
プロフィール

代表取締役会長 川中 敬三

Author:代表取締役会長 川中 敬三

当社は「すぐれた技術と未来へのすさまじい創造力により健康社会の実現に貢献する」という理念を掲げ、日夜ものづくりに励んでいます。私たちのものづくりの原点は、できるだけ自然なものを用いて、安全でおいしい食品を造ることをモットーにしています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
川中醤油ソーシャルネットワーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR